Oishi!

おいしいメモ a-blog v.1.9

7

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


カテゴリーリスト

広告

2008年07月16日(水)

梅ジャム(梅酒の梅で) [おやつ]

画像(160x120)

梅酒の梅
砂糖
レモン汁

1)梅を水から茹で、沸騰したら2〜3分で水を捨てる。
2)再び水とともに火にかけ、今度は梅が柔らかくなるまで煮る。
3)梅をボウルに取り出し、種を外す。
4)3)を砂糖を数回にわけて加えながら煮る(好みのとろみまで)。

*香りつけに、ブランデーを加えると◎
*使用目的によって砂糖の分量を好みで。

Posted by mipo at 00時00分   パーマリンク

2007年08月10日(金)

“きな粉とバナナと豆乳と寒天”ケーキ [おやつ]

画像(150x112)

A:豆乳1カップ、きな粉1/2カップ、粉寒天2g
  薄力粉大さじ2、はちみつ・白みそ各大さじ1
  練り白ごま10g
レーズンのブランデー漬カップ1/4(汁をきる)
バナナ 1本(1cm厚ほどの輪切り)
  *オーブンは200度に予熱、型にクッキングシートを敷いておく。

1)ミキサーorフードプロセッサでAを滑らかになるまで撹拌。
2)レーズンを加えてざっと混ぜ、型に流す。
3)バナナを乗せ、オーブンで20分程焼く。
4)室温におき冷めたら冷蔵庫で冷やす。

【レーズンのブランデー漬】
密閉容器にレーズン、ブランデーをひたひたに注ぐ。(常温1か月保存可)
急ぐときはレーズンにブランデーを加え軽くもんでなじませる。

*とりあえず、簡単。
*なんとも素材の滋味あふれる感じが結構クセになるかも^^

【参考】栄養と料理 2007年9月号“きな粉とバナナと豆乳のかんてんケーキ”
    このレシピでは[メープルシロップ大さじ2]→はちみつ大さじ1〜1.5
           [白練りごま大さじ2]→白練りごま10g

Posted by mipo at 00時00分   パーマリンク

2007年05月02日(水)

サンドイッチ・アイデア [おやつ]

●イチゴロール
生クリーム(ホイップする)
サンドイッチパン
いちご

1)ラップの上にサンドイッチパンを置き、生クリームをぬっていちごを並べる。
2)きっち巻いて押さえる。
※簡単アイデアが◎、その他のフルーツでも^^
 ・そのままラップの端っこを縛ってロールサンド。
 ・一口大にカットして、プチケーキ風に。

●人参サラダのサンドイッチ
人参サラダ+フレッシュミント+チーズ+マスタード
 (人参サラダ:オリーブオイル+ワインビネガー+塩こしょう)

画像(160x120)

Posted by mipo at 00時00分   パーマリンク

2006年12月27日(水)

芋きんとん[お出かけ仕様] [おやつ]

画像(150x112)

【10こ分くらい】
さつま芋(金時) 350g(輪切りにし、皮を厚めにむいて水にさらす)
砂糖 30g
塩 ひとつまみ
栗の甘露煮(瓶詰など) 適宜
A(コーティング):寒天1/4本、水70cc、砂糖20〜30g

1)サツマイモを柔らかく蒸す。
  熱いうちにつぶし、砂糖・塩を加えなめらかに混ぜる。
  冷めたら丸める。
2)寒天を分量の水で煮とかし、砂糖を加えて溶けたらざっと漉す。
3)栗の甘露煮を適当な大きさに切り、丸めたきんとんに飾る。
  2)の寒天をハケなどで塗る。

*きんとん、全面にスライスした栗を貼付けると「栗かのこ」
*かなり甘ささっぱり、甘いのが好きな人は砂糖を倍量にしても。
*栗のかわりに甘納豆でも^^
*[お出かけ仕様]というのは、
  寒天液を塗るので光沢があってキレイ&乾燥防止とゆーところから。

Posted by mipo at 00時00分   パーマリンク

2006年11月10日(金)

カボチャと小豆の蒸し餅 [おやつ]

画像(150x112)

白玉粉 1/2カップ
上新粉 2/3カップ弱
小豆 1/2カップくらい
カボチャ 100g
塩・砂糖・水

[小豆]
 小豆は水洗いしてゆでこぼす。
 新しい水2カップでやわらかくなるで30分ほど煮る。(茹で汁が煮詰まるように)
 煮えたら塩小さじ1/3を加え、半つぶしにし、冷ましておく。

[かぼちゃ]
 1cm角切りにし、砂糖大さじ2をふりまぜ30分ほどおく。
 カボチャから出た水分はとっておく。

[餅生地]
 白玉・上新粉と塩小さじ1/3と砂糖大さじ1、カボチャから出た水を加える。
 手でほぐすようにまぜながら、水を加減して加える。
 (手で握ると指の跡がつき、押すとほろりと崩れるのが良い状態)
 金ざるなどでこす。←こさないと仕上がりがキレイにならない!

[蒸]
 粉にカボチャを加え、軽くまぜる。
 型底にクッキングシートを敷き、小豆の半分を敷く。
 その上に餅の生地を入れ、上に残りの小豆をのせる。

 蒸気の上がった蒸し器に入れ、ぬれふきんをかぶせ25分ほど蒸す。
 竹串をさして生地がつかなければOK、そのまま5分ほど蒸らす。

 型から出し粗熱がとれたら、食べやすい大きさに切る。

*韓国の庶民の餅の代表が小豆の蒸し餅なのだそうだ、赤色は魔よけ。
 ホバッ(かぼちゃ)を加えたので「ホバッパッシルトク」。
*個人的には砂糖がトータル大さじ2で十分な気がするが…、どうだろう?? お好みで。

【参考】朝日新聞社「モンスーンの食卓」秋冬篇(金裕美氏のレシピ)より
    オリジナルは、さとう→きび砂糖。

Posted by mipo at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Oishi! All rights reserved.