iroiroNikki

イロイロめも a-blog v1.90

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

広告

2008年12月14日(日)

青春のロシアアヴァンギャルド 展 [PHOTO/Art]

画像(160x120)

岐阜県美術館の青春のロシアアヴァンギャルド展へ。
先に、前山裕司氏(埼玉県立近代美術館学芸員)の特別講演会「はじめてのロシア・アヴァンギャルド」を聴講。
 メモ:氏のおススメの本“オルガ・モリソヴナの反語法”

視覚的にスライドでたくさん作品が見せてもらえたのでよかった。情報としては、昨日借りた岩波・亀山郁夫氏の“ロシア・アヴァンギャルド”(の、27Pまでしかまだ読んでないけど…)以上の内容はなかったが、リアルに追体験できた感じがよかった。

あと、そこに描かれているモノを今の立場・視点で見るのではなく当時の感覚で見てみる。でもやっぱり、改めてどんな立ち位置で見てもいいものはいい、残るんだと思った。

説明ばっかりがやたらと必要な視覚作品は、下手な写真とおんなじ。説明せなアカンようなモンはもうその時点で意味を成してない。
言いたいことが無いなら叫ばずだまっとれ!と思ったのだけれど、有名になりたい!ってだけやんか…って。感じる・た。。。ってことは、あぁそこんTコ伝わってるぅ〜、ってことは芸術??

ロシアアヴァンギャルド、ほんとにホントの青春そのもの、胎動? なんだろう、パリのそれとは違う若々しさパッションを感じた。

所蔵品展示のアヴァンギャルド特集の中では、陶芸だけ感じた。

Posted by yuri at 00時00分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://mipoyuri.main.jp/iroiroNikki/tb.php?ID=883

ページのトップへ ページのトップへ

広告

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 iroiroNikki All rights reserved.