iroiroNikki

イロイロめも a-blog v1.90

4

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


カテゴリーリスト

広告

2009年12月17日(木)

さらっと… [Calligraphy]

『書ける』のか『書いちゃう』のか。。。それが個性というモノなのかどうか?
これから少し、“基本”を意識してやってみたいと思う。

1)押さえるべき所を押さえる
2)リズム感(強弱の表現 ←筆圧だけでなく!)
3)特に掲示の運筆、形。

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

2009年08月08日(土)

うた0908 [Calligraphy]

『古今集』巻三夏/清原深養父

 夏の与盤 ま多宵な可ら 明希ぬる遠
  く裳の何処耳 つきやとるら無

 夏のよ盤 万多宵な可羅 明け怒るを
  く裳のい徒こ耳 月やと流ら舞

 夏の夜者 ま多宵な可ら 明希怒る越
  雲のい徒こ爾 月也とるらん

 那つ農夜者 ま多よいな可羅 明希ぬ流遠
  く裳の何処耳 つ支也と類らむ

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

2009年07月02日(木)

昇段試験 [Calligraphy]

またもやブッチ><
なんだかなあ〜、こんな事ではダメなんだけど…ダメなんである。
昨年末ころから?昇段どころか月例もサボり気味。

なんて事言っていても更にアカンので、本日ブッチの為に(謎)誓いをたてた。
次の昇段(11月)までの間、all写真版目指すぞ、っと。

パイロットの方は結局段取得せず、ヤメ。

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

2009年05月17日(日)

うた 0905 [Calligraphy]

雨そそぐ 花たちばなに 風すぎて
やまほととぎす 雲に鳴くなり
       新古今集 藤原俊成

画像(135x180)・拡大画像(150x200)


曽ゝく花
堂ちは奈耳可勢
須支て
や万本とゝ幾す雲爾那具
奈李

画像(135x180)・拡大画像(150x200)

く裳ニ鳴く
奈里
雨そゝ具
春那多遅ハ
奈耳可勢春きて
やま本とゝ
幾寸

画像(135x180)・拡大画像(150x200)

あ免そゝく
花多遅者なニ

す支天
やま
本とゝ支
須雲耳那具
な梨

画像(135x180)・拡大画像(150x200)


曽ゝ具

多遅ハな耳可勢
須支てや萬本とゝ支

雲ニ
鳴く
な梨

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

2009年03月05日(木)

新古今集から [Calligraphy]

はかなくて 過ぎにしかたを数(かぞ)ふれば
花に物思ふ 春ぞ経(へ)にける
   式子内親王/新古今集

 盤可な具て 過支耳志か多越 可楚ふ連者
  花爾もの思布 春曽邊ニ介る

 盤可なく天 過き爾しか多越 数ふ連ハ
  者那爾裳の於もふ 春そ経爾介留

 者可なくて 過支耳志か多越 数ふ連ハ
  花爾毛の於も布 春楚へ爾希流

 者可那くて 須支爾志可多遠 数ふ連ハ
  花耳裳の於もふ 春そ経ニ介流

 ※経、春=草書

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 iroiroNikki All rights reserved.