iroiroNikki

イロイロめも a-blog v1.90

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

広告

2008年12月15日(月)

ドライフルーツの作り方 [todo/wish]

作りたいよなあ、自分でつくれば安心だし。
冬はいろいろ干したくなるんだな〜^^

1)小粒のものはそのまま、リンゴ、オレンジ、バナナは5mm厚に切る。
2)光の直接当たる場所に置き、夕方取り込む。
3)2週間程繰り返す。

フリュイ・セッシュ(乾燥させた果物)

チャレンジするぞ!

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

いちぢくメモ [todo/wish]

家庭で栽培するのに適したイチジク品種:
 ネグロラルゴ カドタ ホワイトゼノア 蓬莱柿(在来)
 夏果(7月)を食べるもの:ビオレドーフィン ブラウンターキー

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

2008年12月14日(日)

青春のロシアアヴァンギャルド 展 [PHOTO/Art]

画像(160x120)

岐阜県美術館の青春のロシアアヴァンギャルド展へ。
先に、前山裕司氏(埼玉県立近代美術館学芸員)の特別講演会「はじめてのロシア・アヴァンギャルド」を聴講。
 メモ:氏のおススメの本“オルガ・モリソヴナの反語法”

視覚的にスライドでたくさん作品が見せてもらえたのでよかった。情報としては、昨日借りた岩波・亀山郁夫氏の“ロシア・アヴァンギャルド”(の、27Pまでしかまだ読んでないけど…)以上の内容はなかったが、リアルに追体験できた感じがよかった。

あと、そこに描かれているモノを今の立場・視点で見るのではなく当時の感覚で見てみる。でもやっぱり、改めてどんな立ち位置で見てもいいものはいい、残るんだと思った。

説明ばっかりがやたらと必要な視覚作品は、下手な写真とおんなじ。説明せなアカンようなモンはもうその時点で意味を成してない。
言いたいことが無いなら叫ばずだまっとれ!と思ったのだけれど、有名になりたい!ってだけやんか…って。感じる・た。。。ってことは、あぁそこんTコ伝わってるぅ〜、ってことは芸術??

ロシアアヴァンギャルド、ほんとにホントの青春そのもの、胎動? なんだろう、パリのそれとは違う若々しさパッションを感じた。

所蔵品展示のアヴァンギャルド特集の中では、陶芸だけ感じた。

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

ポーランド土産のスープ [FOODS/Sake]

画像(160x120)

を夏にO澤氏にいただいていた!
美術館へ行く前にmipo宅にお邪魔して、mipoパンの焼きたてをいただく!んじゃあ、スープだよ、東ヨーロッパ食べちゃえ感じちゃえ!

冷凍してあったoz牛肉とジャガイモを持参。mipo宅でタマネギ1/2個をもらって全部ゆでる、それからスープストックをこれでとく!方向で。


画像(160x120)

とりあえず、具材持ってったのは成功♩なかったらもの足りんとゆ〜か、また違うモンになっていたのでは?

赤ボルシチの方は、あぁ〜チェコの人にごちそうになったモノを思いだした(ビーツ缶刻んでヌル温かくしただけやん!) でも本質的には同じなんやわ、簡単に懐かしむ感じよくわかった。

Zurekウマい!

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

2008年12月13日(土)

学校→キャノン [PHOTO/Art]

先週作ったヤンニョムが200gほど残っているので、刻みを白菜1/2個分作ってしまおう〜と、朝干して出かける。

学校でアーツ13、14を借りて日本美術史9をちゃんと聞く。
ちゃんと正座して視聴しないとダメなんだ、この授業わっ!

画像(160x120)

それから伏見に移転したキャノンへ。
ギャラリーは閑散としていた、時間がたって認知されていくとちょっとは変わってくるのだろうか? 広さはは高岳とかわらん感じ。レタッチ作業するにはグレーは基本かもしれんけど、“見せる”場合はやっぱり黒ちゃう?
よく見せる効果って使うべきでわ??

Posted by yuri at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 iroiroNikki All rights reserved.